2014.09.01

基礎が違ったバルセロナ…“学び”“気付き”多き大会、日本サッカーの成長に

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014
U-12ワールドチャレンジ連覇を達成したバルセロナ [写真]=川端暁彦

 8月28日から31日にかけて東京都内で開催された『第2回U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ』。優勝を飾ったのは、昨年に続いてFCバルセロナだった。

 トップチームと同じシステムを採用するバルサのU-12チームは今回もまた多くのインプレッションを我々に与えてくれた。第1回大会は酷暑の中での試合で、ボールを支配された日本側のチームが自滅してしまう傾向も強かったが、涼しい中での試合となった今大会は日本勢がよく我慢してバルサの攻勢に対抗。そのことが逆にバルサ側の技術・戦術の緻密さ、丁寧さを際立たせることにもなっていた。

 前回は久保建英を筆頭にサブ組まで含めて攻撃陣のタレント性が抜きん出ていた。今回も大会MVPを獲得したFWパブロ・モレノら逸材は多かったのだが、前回ほどタレントが際立つチームではなかった(それは本来のエースであるフランス人選手が昨今の国際移籍をめぐる騒動に巻き込まれていて起用できなかったこともあるのだと思うが)。ただ、タレント性の違いで押し切られるような感覚がないからこそ、「ほぼほぼミスをしない」(大宮U-12・丹野友輔監督)バルサのボール回しによって、ジワジワと首を締められていくような独特の感覚を味わうこともできた。

「ちょっとデカいくらいのヤツばかり」(柏レイソル・吉田達磨ダイレクター)だったにもかかわらず、技術でも勝てていないという現実を痛感することができたのが、一個の収穫だろう。丹野監督は「物差しが長くなった」という表現を用いて、選手たちの基準点が一目盛り上がったことを形容した。指導者がどんなに口を酸っぱくして言っても届かなかったような言葉も、「バルサ後」であれば自然と選手たちも受け入れることができるようになる。実際に肌を合わせたことで、そんな効用が期待できるだろう。

 スペインはもちろん、世界にも人材を求めて競争させているバルサと、精々が電車で1時間少々の圏内から選手を選んでいるJクラブでは、最初から土俵が違うという一面はある。今大会の結果をもって「世界との差は歴然! 日本サッカーは通用しない!」といったロジックを綴ることには同意しない。そもそも、「世界との差」というより「バルサとの差」と言ったほうが適切だとも思うからだ。

 たとえば大宮はこの夏休みのベルギー遠征で、同じく11人制のサッカーでアヤックスを破るなど堂々たる戦績を収めた。そこでは「中学3年の速いやつくらいのスピード」(丹野監督)という異次元の“個”との対峙も味わっているのだが、日本チームが欧州勢と戦えないということはない。それはACミランとぶつかった各チームが内容面で大きく上回っていたことでも明らかだ。

 吉田ダイレクターも「バルサはやっぱり一段違うよ」と、そうした見方を首肯する。この夏、実際に欧州へ遠征した丹野監督も「チェルシーやアヤックス(のU-12チーム)と比べてもバルサは一個上のレベルですよ。止める・蹴るの部分で上回っているし、常に顔が上がっているし、ボールを失った瞬間にプレッシャーをかけてくる。しかも彼らはカウンターもできる」と言う。「そこで負けたら(日本は世界で)勝てないだろうというポイント」で、ことごとく日本勢を上回ってくるのがバルサだ。フィジカルで押しつぶされるのとは違う独特の敗北感があって、だからこそ“学び”なり“気付き”なりが多い戦いでもあった。

「すごく貴重な経験をさせてもらった。バルサと当たれて良かった」

 丹野監督の言葉は、この大会で彼らと対峙したすべての指導者が共有できる言葉だろう。彼らはきっと、翌日からの練習にここで得たものを還元し始めているはず。「差」は確かにあったが、日本の指導者たちはその差をもって絶望する臆病者たちではあるまい。むしろ、より闘志を燃やしてくれるに違いない。この大会のような国際経験の繰り返しは、必ず日本サッカーを強くする。そんな思いも同時に抱かせてくれる、そんな有意義な大会だった。

文=川端暁彦

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る