2014.08.31

大会連覇へバルセロナが全少準優勝の柏U-12退け、決勝進出

先制点を喜ぶバルセロナの選手たち

『U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014』の準決勝が31日に行われ、バルセロナと柏レイソルU-12が対戦した。

 グループステージを3連勝で突破し、準々決勝では街クラブの雄、レジスタFCを退けた大会連覇を狙うバルセロナと、夏の全日本少年サッカー大会準優勝の柏の一戦は、序盤からバルセロナがボールを支配。迎えた19分にはピッチ中央を持ち上がったジェラード・フェルナンデスがペナルティエリア内に侵入。そのままシュートを決め、先制する。2分後には中央でのパス交換で柏守備陣を崩すと、エースのパブロ・モレノが追加点を奪った。

 柏は前半から、GKも含めた守備陣の丁寧なビルドアップから持ち味のパス交換で崩しにかかるが、最終ラインをなかなか突破できない。後半は前線からのプレッシングを強め、相手陣内でプレーする時間が増え、セットプレーからチャンスを作るシーンも見られたが、ネットは揺らせず。バルセロナが2-0で勝利した。

 バルセロナは決勝で大宮アルディージャジュニアと東京都U-12の勝者と対戦する。

【スコア】(25分ハーフ)
バルセロナ 2-0 柏レイソルU-12

【得点者】
1-0 19分 ジェラード・フェルナンデス(バルセロナ)
2-0 21分 パブロ・モレノ(バルセロナ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る