FOLLOW US

バルセロナ、強敵ビジャレアル相手に新チームの本当の力が問われる

リーガ開幕戦に出場したバルセロナFWリオネル・メッシ(左)[写真]=Getty Images

 ルイス・エンリケ新監督の初陣を見事に飾り、得失点差により首位発進を決めたバルセロナ。ホームからアウェーへと戦いの場が移るうえ、昨シーズン6位のビジャレアルが相手となる今回は、新チームの本当の力が問われる一戦となる。

 今節はメンバーの入れ替えが複数行われる見込みで、GKマルク・アンドレ・テル・シュテーゲンとベルギー代表DFトーマス・フェルメーレンが引き続き欠場する守備陣では、前節レッドカードを受けたアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノに代わり、出場停止明けのスペイン代表DFジェラール・ピケがセンターバックに入る予定だ。

 またスリートップでは、前節先発したMFラフィーニャの出場が微妙な状態にあるため、大黒柱のFWリオネル・メッシの両脇は、公式戦デビューでのゴールにより一躍時の人となったFWムニル・エル・アダディ、故障明けの前節は途中出場となったスペイン代表FWペドロ・ロドリゲス、復帰が予想されているFWネイマールの3選手が2枠を賭けて争うと見られている。前節と同じメンバーがスタメンに名を連ねると予想される中盤では、ムニルのゴールを演出した新戦力のクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチに、引き続き熱視線が注がれている。

 一方、初戦では曲者のレバンテにアウェーで快勝(2-0)したビジャレアルは、その前後に行われたヨーロッパリーグ・プレーオフのアスタナ戦でもアウェーのファーストレグ(3-0)とホームのセカンドレグ(4-0)に圧勝し、余裕のグループリーグ進出を決めた。

 アスタナとのセカンドレグでは主力を大幅に温存できたため、今節は現時点でのベストメンバーが組むことができそうだ。さらに、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督がバルセロナ対策として4-4-2から4-3-3へのシステム変更を行う可能性が残されている。いずれにしても、確固たるプレースタイルを持つチームは、開幕からの公式戦3試合で9得点無失点と圧巻の内容を誇っており、バルセロナが相手でも真っ向勝負ができるだろう。

 共に好発進した強豪同士による対戦は、今節最大の注目カードと言っても過言ではない。良質なフットボールに定評がある2チームだけに、見所満載の好ゲームとなること必至だろう。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO