2014.08.28

CL本戦出場のビルバオ、レアルのイジャラメンディ獲得を計画か

イジャラメンディ
レアル・マドリードのMFアシエル・イジャラメンディ(右)[写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグで16シーズン振りにグループリーグに進出したアスレティック・ビルバオが、レアル・マドリードのMFアシエル・イジャラメンディの獲得を計画しているようだ。

 昨シーズンのリーガ・エスパニョーラ4位フィニッシュにより出場したCLプレーオフで、強敵ナポリと対戦したアスレティック・ビルバオは、現地19日にアウェーで行われたファーストレグを1-1で乗り切ると、現地27日にホームで行われたセカンドレグを3-1で制し、同大会の本選にあたるグループリーグへの進出を勝ち取った。

 この結果、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、CLの3大会を戦い抜くことになったアスレティック・ビルバオ。昨シーズンまでのチームの中心選手であるMFアンデル・エレーラが抜けた中盤の補強の必要性が一段と増したため、レアル・マドリードで出番を失っているイジャラメンディに白羽の矢を立てたという。

 アスレティック・ビルバオのライバルであるレアル・ソシエダ出身のイジャラメンディは、昨年夏にレアル・マドリードに加入したもののレギュラーの座の獲得には及ばず、ドイツ代表MFトニ・クロースおよびコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが加入した今シーズンは更なる出場機会の減少が予想されている。実際、今シーズンここまでの公式戦4試合でプレーしたのはヨーロッパ・スーパーカップでの4分間のみで、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)、リーガ・エスパニョーラ開幕戦では出場機会がなかった。

 それでも、ドイツ代表MFサミ・ケディラの退団を想定していたレアル・マドリードは、イジャラメンディをバックアップ要員として見込み、ポルトからの1年間のローンのオファーも拒否した。だが、ケディラが一転して残留する運びとなったため、オーバーブッキングとなったチームの中盤で、イジャラメンディの立ち位置は一段と厳しくなっている。

 そして、この状況に目を付けたアスレティック・ビルバオは、以前からその高い能力を評価しているイジャラメンディを迎え入れるべく、レアル・マドリードに1年間のローンを打診する構えのようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る