FOLLOW US

音楽好きのネイマール「サッカー選手でなければ、専念していた」

バルセロナに所属するネイマール [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナ所属のブラジル代表FWネイマールが『バルサ・ファンズ』というクラブのインタビューで、音楽について語った。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ネイマールは「サッカー選手でなければ、音楽に専念していただろう」とコメント。その一方で「とはいえ、とてもいい仕事ができているとは思えない。なぜなら僕は歌もうまくないし、何の楽器も弾けないからね」と述べた。

 また、自身のゴールパフォーマンスに触れたネイマールは「今は踊ることができない。だけどお気に入りの踊りはいくつかあるよ。踊ることはサントスにいた2010年に始めたんだ」と語っている。バルセロナでは踊りを入れた派手なゴールパフォーマンスをまだ披露していないが、今シーズンは彼が言うお気に入りの踊りを目にすることができるかもしれない。

 最後に、同選手はバルセロナとブラジル人選手の関係について言及。これまでロマーリオ、ロナウド、リバウド、ロナウジーニョなど偉大な選手がプレーしてきたことについて「ブラジル人に限らず、バルサでは多くの選手がプレーをしてきた。だけど、ブラジル人がバルセロナでプレーするためにやって来るのは、ここで幸せになれることを知っているからだよ」と、自身の考えを明かした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO