FOLLOW US

バルサのD・アウヴェス残留を明言「クラブから敬意を受けている」

バルセロナ残留を明言したD・アウヴェス [写真]=Getty Images

 今夏に退団するとの報道もあったバルセロナに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが、同クラブに残留することを明言した。スペイン紙『マルカ』が記者会見に臨んだ同選手のコメントを伝えている。

 D・アウヴェスは、自身に向いた批判に対してのクラブの対応うに疑問を持ち、クラブが選手たちに対する理解と信頼に欠いているとして、退団の可能性もあると以前に明かしていた。しかし、現在D・アウヴェスは、クラブからの敬意を感じており、クラブに残留する意向だと以下のように語った。

「バルサに残留することを決めたよ。いつか退団しなければならないときは来るだろう。だが、このクラブでプロフェッショナルであったと感じられるときに、去りたいと思う。もし今去ったなら、その感情がないままになってしまう。クラブで起きていること全てが僕のせいだとみられているだろうからね」

「起こっていること全てに対してクラブからのサポートを感じなかった。自分が市場で売りに出され、他の選手を欲しがっているとのレポートもあった。でもこれは自分がする話ではないと思うけどね」

「疑問があったのは確かだ。僕は物事がはっきりしているのがいいから、何か言いたいことがあればちゃんと面と向かって言ってもらいたい。僕はこの仕事を通して敬意を勝ち取ることができている。ルイス(エンリケ監督)が僕を戦力として見ているか知りたかったんだ。必要とされていると感じたから、あとは、僕が仕事に取り組むだけだ」

 2008年にセビージャからバルセロナに加入したD・アウヴェスは、昨シーズンのリーガ・エスパニョーラで27試合に出場し、2ゴールを記録している。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA