FOLLOW US

移籍懇願報道のディ・マリア、パリSG指揮官は獲得を否定

移籍を懇願していると報じられたディ・マリア [写真]=VI-Images via Getty Images

 パリSGを指揮するローラン・ブラン監督が、レアル・マドリードに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの獲得を否定した。フランス紙『レキップ』が伝えている。

 ディ・マリアに対しては、以前からパリSGとマンチェスター・Uが強い関心を示していると見られ、パリSGが獲得に迫っていると伝えられていた。しかし、パリSGのナセル・アル・ケライフィ会長は、7500万~8000万ユーロ(約102億円~109億円)とも言われる移籍金がネックとなり、交渉から撤退することを明らかにした。

 ところが、レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、ディ・マリアが移籍を懇願していることを明言。そのため、パリSGが再びディ・マリアの獲得に動き出すのではないかと噂されている。今回の報道を受けてブラン監督は、次のように語った。

「ディ・マリアはスター選手であり、多くのビッグクラブが彼のような選手の動向を注視している。しかし、我々は残念ながら難しい問題を抱えており、動くことができない現状だ」

(記事/超ワールドサッカー)

リーグ・アン観るならDAZN!
1カ月無料トライアルはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA