2014.08.21

ディ・マリアが今夏のレアル退団を希望…指揮官「クラブと選手の問題」

ディ・マリア
退団を希望していることが明らかになったディ・マリア [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が21日、翌日に控えたスーペル・コパ、セカンドレグのアトレティコ・マドリード戦を前に、会見に出席。クラブに所属する2選手の去就に言及した。スペイン紙『ムンド・デポルティボ』が報じた。

 多くのクラブから獲得の関心が噂されるアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアについて、アンチェロッティ監督は、「彼はレアル・マドリードの選手であるが、以前から言うように(移籍期限の)8月31日までに何が起こるかは分からない」とコメント。

 さらに「クラブと私の考えの間に矛盾はない。ディ・マリアは契約延長のオファーを拒否し、今夏に移籍したいと要求した。クラブと選手で解決することで、私ではない。もし、解決しなかったとしても、問題はないよ」と続け、ディ・マリアが退団の意思を持っていることを明かした。

 また、同じく移籍が噂されるドイツ代表MFサミ・ケディラについては、「ディ・マリアのケースとは違う。契約延長は拒否したが、退団の要望はしていない。どうなるか見てみよう」と発言し、状況を説明している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る