2014.08.21

バルサのマスチェラーノ、W杯からの切り替え強調「新たな挑戦へ」

マスチェラーノ
アルゼンチン代表としてブラジルW杯に出場したバルサのマスチェラーノ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、クラブの記者会見に出席。同クラブが受けた移籍活動禁止処分について言及した。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 20日、FIFA(国際サッカー連盟)は、18歳未満の選手獲得や登録に関する規定に違反したとするバルセロナに対して、今後2回の移籍市場で選手の獲得を禁止する処分を維持すると発表した。

 マスチェラーノは、「FIFAの裁定は、僕がコメントするにはあまりに微妙な問題だ。法に関して全てを理解しているわけではないからね」と、前置きしたうえで、「ただ、個人的なことを言えば、クラブはラ・マシア(下部組織の選手寮の総称。下部組織の総称でもある)の子供たちを非常に気にかけていると思う。子供たちはここで過ごし、最高の生活水準を得ている。それが僕の見たものであり、真実だと思っているよ」と、話した。

 また、マスチェラーノは、アルゼンチン代表の一員として出場したブラジル・ワールドカップで、ドイツ代表に決勝で敗れたショックをすでに払拭したと強調している。

「人生には良い時期と悪い時期がある。ワールドカップの決勝は良いものだよ。負けたことは頭から離れない。でも、人生は続くんだ。新しい挑戦に向き合わなければいけない。このようなビッグクラブに所属するとき、過去にくよくよしていてはいけない」

 さらにマスチェラーノは、今夏の移籍市場でバルセロナに加入したウルグアイ代表FWルイス・スアレスに関しても言及した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「ルイス・スアレスの状態はとても良さそうだ。ずっと選手として彼のことを気に入っていたんだ。僕は彼のことを理解している。同じスポーツに生きる者同士なんだからね」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る