2014.08.20

R・ガルシア、値千金ゴールに「諦めなかったチームの成果」

ラウール・ガルシア
同点弾を決めたアトレティコ・マドリードのMFラウール・ガルシア [写真]=Getty Images

 19日に行われたスーペル・コパ(スペイン・スーパーカップ)のファーストレグ、アトレティコ・マドリードは敵地サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリードと1-1で引き分け、22日に本拠地ビセンテ・カルデロンで行われるセカンドレグに繋がる好結果を手にした。

 この試合、81分にレアル・マドリードの新戦力MFハメス・ロドリゲスに先制点を決められたアトレティコ・マドリードだったが、88分にMFコケの左CKが流れたところをMFラウール・ガルシアが押し込み、敵地で貴重なドローに持ち込んだ。

 値千金のアウェーゴールを挙げたR・ガルシアは、試合後のインタビューで、自身のゴールはチームのハードワークの賜物との謙虚な姿勢を示した。

「僕達は一瞬たりとも負けを考えなかった。最終的にこういった報いが受けられると信じ、全員が必死に戦った。通常、前線でプレーする選手はより多くのゴールチャンスを手にすることができるが、それはチーム全体の仕事振りにかかっている。そういった意味から、僕のゴールは諦めなかったチームの成果と言えるだろう」

 本来は中盤の選手ながら、ディエゴ・シメオネ監督の下では得点力を見込まれ、前線で起用されることが多いR・ガルシア。新加入のFWマリオ・マンジュキッチ、FWアントワーヌ・グリーズマン、FWアンヘル・コレアらとのツートップのレギュラー争いを歓迎した。

「僕はこれまで常に、クオリティの高い選手の加入はチームにとって重要だと言ってきた。競争は厳しい方がいい。いずれにしても、僕はいつでも自分の仕事をしっかり行うことを心掛けている。シメオネ監督は、僕がチームに何をもたらせるかも、毎シーズン変わらぬ努力を続けていることも、きちんと理解してくれている」

 R・ガルシアは最後に、本拠地に戻ってのセカンドレグでの今シーズン初タイトル獲得に強い意気込みを表した。

「次はホームでの一戦だ。サポーターと共に戦い、皆が欲しているタイトルをまた新たに獲得する気でいっぱいだ。最高のモチベーションで試合に臨めるだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る