2014.08.20

シメオネ監督がアウェーでのドローに満足感を示す「強さを見せた」

シメオネ
アトレティコ・マドリードを率いるシメオネ監督 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督が、19日に行われたスーペル・コパ(スペイン・スーパーカップ)のファーストレグを振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 アウェーでレアル・マドリードと対戦したアトレティコ・マドリードは、81分に先制ゴールを許すが、88分にスペイン人MFラウール・ガルシアがゴールを奪取。試合はそのまま終了となり、1-1で引き分けた。

 同試合について、シメオネ監督は「多くのチャンスがあった。ゴールを奪うために、3、4回のチャンスを作っていたと思う。終盤にゴールを許してしまったが、我々も強さを見せて同点に追いついた」とコメント。選手たちが見せたプレーに満足感を示していた。

 セカンドレグは22日にアトレティコ・マドリードのホームで開催される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る