2014.08.20

レアル初得点のJ・ロドリゲスを指揮官が称賛「自信になるはず」

アンチェロッティ
レアル・マドリードを率いるアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、19日に行われたスーペル・コパ(スペイン・スーパーカップ)のファーストレグを振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 アトレティコ・マドリードをホームに迎えたレアル・マドリードは、81分に新加入のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが先制ゴールを奪取。しかし、88分に失点を許し、1-1で試合を終えた。

 アンチェロッティ監督は「良いプレーを見せていた。我々は試合を支配し、前線からプレッシャーをかけていた」と語り、試合内容に満足感を示した。また、22日に行われるセカンドレグに向けては「我々は得点を奪わなければならない。相手が少し優位だろう。だが、今日のような戦いができれば、カップを手にすることができる」と語り、勝利に自信を示していた。

 さらに、アンチェロッティ監督は後半からピッチに立ち、移籍後初ゴールを挙げたハメス・ロドリゲスのプレーに言及。「彼は良いプレーを見せていた。レアル・マドリードの選手として最初のゴールを挙げたことは自信になるはずだ」と語り、活躍を称えていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る