2014.08.18

バルセロナのエンリケ監督、親善試合でのFWスアレスの起用を明言

バルセロナのチームメイトと練習を行うFWスアレス(左から2人目) [写真]=Getty Images

 バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が、18日に行われるメキシコのクラブ・レオンとの親善試合に、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスを起用すると明言した。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 ブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに対し、噛みつき行為を行ったスアレスは、FIFA(国際サッカー連盟)から、9試合の代表戦出場停止、4カ月のサッカー活動の禁止、罰金約1100万円の処分を科されていた。しかしCAS(スポーツ仲裁裁判所)へ処分の不服を訴えた結果、出場停止処分は変わらなかったが、「全てのサッカー活動の禁止」についてCASは「過剰」として、クラブでの練習参加やスタジアムでの観戦などは認める判決を言い渡した。そのため、公式試合での出場は禁止されているが、親善試合はその他のサッカー活動とし、スアレスの出場が可能となっている。

 エンリケ監督は17日に、「彼は個人で練習していたとき、ハードに取り組んでいた。だから数分間だけ、ファンの前でプレーできるだろう」と起用を明言。スアレスのバルセロナでのお披露目は、本拠地カンプノ・ウで行われる模様となった。

 また、出場停止処分を受けているスアレスは、リーガ・エスパニョーラ第9節が10月26日の開催となれば、レアル・マドリードとの“クラシコ”で公式戦デビューを飾る可能性がある。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る