2014.08.15

処分確定のウルグアイ代表FWスアレス…バルサが今後の予定を発表

スアレス
今夏よりバルセロナの一員となったスアレス [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップでの「噛みつき行為」に対するFIFA(国際サッカー連盟)の処分への不服をCAS(スポーツ仲介裁判所)へ訴えていたウルグアイ代表FWルイス・スアレスの処分が先日、確定となった。それに伴い、スアレスが所属するバルセロナが今後の予定をクラブ公式HPで14日に発表している。

 CASによる判決は、「9試合の代表戦出場停止」や「罰金約1100万円」といった処分に変更は見られなかったものの、「4カ月間のサッカー活動の禁止」については緩和が図られたようで、クラブでの練習参加やスタジアムでの観戦などは認められることとなった。一方で、FIFA同様に試合への出場は4カ月の間、停止処分としている。

 これを受けてバルセロナは、公式HPで今後のスケジュールを発表。同HPによると、練習への参加が認められることとなったスアレスは、15日にもバルセロナでの初練習に参加。その後は18日に、バルセロナの本拠地であるカンプ・ノウにて、トップチームのメンバーと共に公式発表に臨む。19日には、メディア向けの写真撮影を行った後に、クラブ首脳陣も出席する記者会見に臨む予定と伝えられている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る