FOLLOW US

F・トーレスが語る印象的な試合・…1996年のアトレティコ優勝

印象的な試合を語ったフェルナンド・トーレス [写真]=Getty Images

 チェルシー所属のスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、自身にとって印象的な最初の試合について語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 フェルナンド・トーレスは、「11歳の時(正しくは12歳)だ。僕はアトレティコ(マドリード)がリーグ戦で優勝するのを最後に見た。1996年のことで、僕はスタンドにいた。席はなかったんだ。階段に座っていたよ」と、思い出を明かし、「当時、ビセンテ・カルデロン(アトレティコ・マドリードの本拠地)の収容人数は5万5000人だったけど、その試合には7万人ものファンが訪れていた。階段や席、あらゆるところが人で埋め尽くされていたんだ」と、当時を回想した。

 そして、「僕が経験した中で、最高の雰囲気だったよ。シーズンの最終戦で、チャンピオンになるためには勝つ必要があった。彼らは2-0でアルバセテを下した。僕のヒーローであるキコが先制点を決めて、ディエゴ・シメオネが2点目を記録した」と、振り返った。

 フェルナンド・トーレスは、アトレティコ・マドリードの下部組織出身。2007年にリヴァプールへ移籍し、2011年からチェルシーでプレーしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA