2014.08.06

シャビがスペイン代表引退表明…デル・ボスケ「監督より重要だった」

シャビ
スペイン代表からの引退を表明したシャビ [写真]=Getty Images

 バルセロナMFシャビ・エルナンデスが5日、今シーズン初の記者会見に出席。スペイン代表からの引退を表明した。 スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在34歳のシャビは、2000年にフル代表でデビューしてから、4度のワールドカップ、3度のユーロに出場。ユーロ2008とユーロ2012、2010年の南アフリカ・ワールドカップを制覇したチームにおいて、必要不可欠な司令塔だった。スペイン代表では133試合に出場して12得点を記録している。

 シャビは記者会見で、以下のように語った。

「スペイン代表から退くことを決めた。スペインサッカー協会、僕を代表に招集してくれた代表監督たちに感謝している。彼らと共に過ごし、代表のためにプレーできたことはファンタスティックな時間だった。僕は満足感に浸りながら、誇らしく、幸せを感じながら代表を退く。スペイン代表の今後が全てうまくいくことを願っている。(ビセンテ)デル・ボスケが代表監督を続投することにも満足している。今からは僕はスペイン代表のファンの1人だ」

代表引退を決めたのは、ブラジル・ワールドカップでの大きな失望が要因となったようだ。

「ワールドカップは、チームの全てにおいて失望だった。僕にとっては重要な(グループステージ第2節)チリ戦に参加できなかったことも失望だった」

 また、シャビはデル・ボスケ監督とは個人的に代表引退に関して話をしていないことを明かし、スペインサッカー協会にはしっかり自身の意思を伝えていたと話す。

「スペインサッカー協会には伝えている。彼らとは個人的に話はしていない。ユーロ2012後にも、すでに代表引退については伝えていた。デル・ボスケには感謝している。とてもすばらしい時間だった」

 シャビの引退発表を受けて、スペイン代表のデル・ボスケ監督はこのように語っている。

「ここ6年間のスペイン代表のロッカールームにおいて、私たちは偉大な支えのひとつが彼だった。1人の人間としても、フットボール的観点から私たちがとても評価していた選手だ。ファンタスティックな選手に私の感謝を伝えたい。私たちは唯一の選手の失うことになる。彼と同じ選手を見つけるのは難しい」

「多くの成功を私たちに与えてくれた代表のプレースタイルにおいて、彼はキーマンだった。ピッチの中でも、外でも、私たちは彼のことを恋しく思うだろう」

 そしてデル・ボスケ監督は、最大級の賛辞を稀代のゲームメーカーに贈った。

「私たちにとってシャビはとても大事で、代表監督自身よりも重要だった。そのことは全ての人が知っている」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る