FOLLOW US

レアルとバルサ、右SBに移籍報道…アルベロアは残留か

アルベロア(左)とD・アウヴェス(右)に移籍報道 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードの元スペイン代表DFアルバロ・アルベロアに、プレミアリーグのクラブが再び関心を寄せている。スペイン紙『マルカ』が報じた。

 アルベロアは昨シーズン、右サイドバックのレギュラーをスペイン代表DFダニエル・カルバハルに奪われ、リーガ・エスパニョーラでは18試合出場にとどまった。同選手には、今回はアーセナルが興味を寄せているという。

 アルベロアは、2007年から2009年までリヴァプールに在籍しており、プレミアリーグでのプレー経験がある。古巣のリヴァプールや、かつてのレアル・マドリード指揮官で、アルベロアを重宝したジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーも、同選手の獲得に関心を持っていると伝えられていた。

 カルロ・アンチェロッティ監督は、今シーズンもアルベロアを戦力と考えている。またアルベロア選手自身も、同監督からの信頼を感じており、レアル・マドリードを退団する意思はないようだ。

 一方、バルセロナの右サイドバックを務めるブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスについては、移籍先を探さなければいけないと、スペイン紙『スポルト』が伝えている。

 バルセロナは、今シーズンの構想に入っていないことを同選手に伝えたという。ルイス・エンリケ監督は、チームのサイクルを変えるには、在籍年数が長い選手を替えなければいけないと考えており、ダニエウ・アウヴェスは放出リストの1人となっている。

 なお、ダニエウ・アウヴェスは、2015年6月30日まで残っているバルセロナとの契約を全うしたいと公言している。だが、クラブは今夏に放出して資金を確保したい意向。手にした移籍金を、フィオレンティーナ所属のコロンビア代表MFフアン・クアドラードの獲得オペレーションに充てたいと考えている。バルセロナは、ダニエウ・アウヴェスにビッククラブからの興味深いオファーがないかどうか、待っている状態だという。同選手は4日にバルセロナに合流する予定だが、開幕に向けた身体づくりをしながら、移籍先を探すことになりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO