FOLLOW US

モウリーニョ監督「モドリッチを欲しかったが、本人に断られた」

レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(中央)[写真]=Getty Images

 この夏の移籍市場でバルセロナからスペイン代表MFセスク・ファブレガスを獲得したチェルシーだが、その背景にはレアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチの迎え入れに失敗があったと、ジョゼ・モウリーニョ監督の口から明らかになった。

 セスクからは「監督は、息子のシーズン最終戦の試合が見られなくなるにもかかわらず、『君を我がチームに加えたい』と言うためだけに会いに来てくれた。あれが僕の決断を大きく後押しした」と感謝され、本人も「彼を説得するには20分しか掛からなかった」と自賛しているモウリーニョ監督。

 しかし、この度クロアチア紙『Sportske Novosti』のインタビューを受けたモウリーニョ監督は、古巣であるレアル・マドリードからモドリッチの引き抜きを試みたものの、あっさりと断られていたことを告白した。

「モドリッチにチェルシーで再び私の下でプレーしてもらおうと電話を入れたものの、その申し出は断られてしまった。彼からは『僕はレアル・マドリードでとても幸せなので、このチームでプレーを続けたい』と言われた」

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA