2014.07.23

セルジ・ロベルト、プジョルらの退団にも「バルサの哲学は不変」

セルジ・ロベルト
バルセロナの現状について語ったセルジ・ロベルト [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するMFセルジ・ロベルトが同クラブの現状に対する自身の考えを明かした。スペイン紙『マルカ』が21日に伝えている。

 この日、バルセロナのトレーニンググラウンドに集まった記者団の取材に応じたセルジ・ロベルトは、長年に渡ってチームを支えてきた選手たちの退団を受けて、「それでもバルセロナの哲学は不変だ」と話し、自身の見解を語っている。

「たしかに、バルセロナを象徴してきた何人かの選手は去ってしまった。でも一方で、ジェラール(デウロフェウ)やラフィーニャが帰ってきたじゃないか。ルイス・エンリケ監督は、僕たちカンテラ(下部組織)の選手に大きな信頼を寄せてくれているんだ。だからバルセロナの哲学は変わらないよ」

 バルセロナは今夏、スペイン代表MFセスク・ファブレガスや、同代表GKビクトル・バルデスらを放出。さらに、19年に渡ってチームを支え続け、2004年からは同クラブでキャプテンも務め上げてきた元スペイン代表DFのカルラス・プジョルが現役を引退するなど、カンテラ出身の重鎮たちがクラブを去っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る