2014.06.04

アンチェロッティ監督がCL制覇に言及「新たなサイクルの始まり」

優勝を果たした今シーズンのCLを振り返ったアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 今シーズンからレアル・マドリードの指揮官に就任したカルロ・アンチェロッティ監督が、同クラブでの1年目を終え、優勝を果たしたチャンピオンズリーグを振り返った。

 レアル・マドリードは5月24日に行われたチャンピオンズリーグ決勝戦で、同都市に本拠地を置くアトレティコ・マドリードと対戦。延長戦の末に4-1で勝利を収め、悲願の“ラ・デシマ”(10度目の欧州制覇)を達成した。アンチェロッティ監督は同試合を振り返り、「一度たりとも決勝で負けることは考えなかった。私は本当に楽観主義者だからね。時はすごく早く過ぎていったけど、チームは本当に良くやってくれた」とコメント。「マルセロの得点が決まった時(レアル・マドリードの3点目)、欧州王者になったと感じたよ」と回想した。

 また、同監督は「今、10度目のタイトルは我々のもとにある」と悲願だったタイトル獲得に満足感を示した一方で、「これは新たなサイクルの始まりだ」と語り、来シーズンへの意気込みを示している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る