2014.05.30

アトレティコ・マドリードがラキティッチの移籍で個人間合意か

移籍市場で注目を集めるラキティッチ [写真]=Getty Images

 スペイン紙『マルカ』は29日、セビージャに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチの移籍に関して、同選手とアトレティコ・マドリードが個人間合意に至ったと報じた。

 ラキティッチは今シーズン、リーグ戦で13得点を挙げてLFP(スペインプロリーグ機構)の年間ベストイレブンに名を連ねると共に、チームのヨーロッパリーグ制覇にも貢献。その活躍が評価され、アトレティコ・マドリードとレアル・マドリードからの関心が報じられていた。しかし『マルカ』は、アトレティコとラキティッチが個人間合意に達し、レアル・マドリードが同選手の獲得レースから撤退したと伝えている。

 一方、ラキティッチの残留を望むセビージャ側は、同選手と代理人の対応に不満を抱いているようだ。同クラブのホセ・カストロ会長は「戦わずしてラキティッチを移籍させることはない」と述べ、クロアチア代表MFの去就に関して徹底抗戦の構えを見せている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る