2014.05.20

バルセロナ、エンリケ監督の招聘およびシュテーゲンらの加入を一挙に発表

バルセロナが獲得を発表したドイツ代表GKテル・シュテーゲン [写真]=Bongarts/Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ連覇を逃したうえ、6シーズン振りに主要タイトル無冠に終わったバルセロナが、来シーズンに向けた新体制を早くも公開した。

 ヘラルド・マルティーノ監督が退任を表明してからわずか2日後の現地19日、バルセロナは、今シーズン率いたセルタを退団することを3日前に公表したばかりのルイス・エンリケ監督を新指揮官に招聘することを発表した。バルセロナとエンリケ監督は、現地21日に2年契約に正式にサインする予定となっている。

 バルセロナは同日さらに、今シーズン一杯でボルシア・メンヒェングラートバッハとの契約を満了するGKマルク・アンドレ・テル・シュテーゲンの獲得、今シーズンはローンによりセルタならびにエヴァートンでプレーしたMFラフィーニャおよびFWジェラール・デウロフェウの復帰を発表した。

 この結果、今シーズン一杯でチームを離れるGKビクトル・バルデスの後任がシュテーゲンに固まり、エンリケ監督とラフィーニャが揃ってセルタから加入することになったバルセロナ。その一方で、2008年1月にセルタから加入して以来、第2GKを務めてきたGKホセ・マヌエル・ ピントとは、今シーズン末で満了する契約を延長しないことも併せて発表された。

 なお、地元カタルーニャのラジオ局『RAC1』によると、バルセロナは、GKコーチへの就任も噂されているピントの代わりとなる第2GKは他クラブから獲得し、第3GKのオイエールはローン移籍させる予定とのことだ。

 予想されていた指揮官および守護神の交代、ローン選手の復帰を一挙に公表したバルセロナ。大黒柱のFWリオネル・メッシとの契約内容の見直しも発表され、新シーズンに向けた変革が鮮明に打ち出される形となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る