FOLLOW US

アトレティコが“2強”を抑えて悲願の18季ぶり戴冠…バルサとドローで逃げ切る

同点弾を決めたゴディン [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第38節が17日に行われ、バルセロナアトレティコ・マドリードが対戦した。

 最終節で1位アトレティコと2位バルセロナの直接となった同試合。両チームの勝ち点差は3で、引き分け以上でアトレティコは1995-96シーズン以来、18シーズンぶりとなる10度目のリーグ制覇となる。バルセロナは勝利すると勝ち点で並び、両チームの当該成績でアトレティコを上回るため、連覇が決まる決戦となった。

 試合はアトレティコに試練を与える展開となる。16分に今シーズン27得点を挙げ、チームを引っ張ってきたジエゴ・コスタが負傷でアドリアン・ロペスとの交代を強いられると、23分にはアルダ・トゥランセスク・ファブレガスとの接触プレーによる負傷でラウール・ガルシアとの交代となり、攻撃陣の主軸を失うとともに2枚の選手交代枠を早くも使ってしまう。

 ホームのバルセロナはボールを支配すると34分、セスクからの浮き球のパスをリオネル・メッシがペナルティエリア内右で、胸で落とすとアレクシス・サンチェスが角度のないところから豪快にニアサイド上へシュートを決め、先制に成功する。

 前半押し込まれたアトレティコは後半に入り早々の46分、コケのパスからダビド・ビジャがエリア内左でシュートを放ったがポストを直撃。後半立ち上がりにバルセロナへ襲い掛かるアトレティコは49分、右CKを獲得するとディエゴ・ゴディンがヘディングシュートを叩き込み、同点とする。

 57分にはバルセロナに負傷者。セルヒオ・ブスケッツに代わり、アレクサンドル・ソングがピッチに立つ。さらに62分にはペドロ・ロドリゲスに代え、負傷から復帰したネイマールをピッチへ。64分にバルセロナはメッシがネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴール。

 アトレティコは72分にアドリアンを下げ、ホセ・ソサを投入し、交代枠を使い切る。バルセロナも77分にセスクに代えてシャビを入れ、こちらも交代枠を全て使う。

 終盤、ホームの大歓声に後押しされてバルセロナが押し込むも、アトレティコ守備陣は体を張った集中した守備で決壊せず、1-1のドローに終わった。この結果アトレティコは勝ち点を90とし、バルセロナ、レアル・マドリードの“2強”を勝ち点3差で抑え、18シーズンぶりの優勝を果たした。

 アトレティコは24日に行われるチャンピオンズリーグ決勝、レアル・マドリードとの“マドリード・ダービー”で二冠を懸けて対戦する。

【スコア】
バルセロナ 1-1 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 34分 アレクシス・サンチェスバルセロナ
1-1 49分 ディエゴ・ゴディンアトレティコ・マドリード

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA