2014.05.16

プジョルがバルサに別れ「子供だった僕が、家族を手にして去る」

プジョル
プジョルがバルセロナ退団について語った [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナの元スペイン代表DFカルラス・プジョルが、カンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)に隣接している講堂「Auditorio 1899」でのイベントに臨み、クラブに別れを告げた。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 プジョルは、ひざの負傷が退団表明の要因であると明かし、「僕はあらゆる方法を試した。解決策を見つけることはできなかったが、決して諦めてはいない。まだ、続けていくつもりだ。ただ、プレーすることへのプレッシャーがない状態で、続けていく」と、話した。

 そして、「このようなキャリアを手にできるとは信じていなかった。多くの子供たちが持っている夢の中を、僕は生きたんだ。最も好きだったことをできた。練習をして、サッカーをプレーすること。それができたんだ。多くのタイトルも獲得したが、最も大切なのは、このクラブで得た人間的な部分だ。子供だった僕が、誇り高い家族を手にして去っていくんだ」と、バルセロナでのキャリアを振り返り、「最高のメンバーとプレーできた」と、語った。

 最後に、サポーターへ向けて、「無条件に僕を応援してくれてありがとう。いつも僕のそばにいてくれて、僕はとても恵まれていた」と、感謝の意を述べ、「1つの時代が終わって、新たな時代がくるだろう。この時代のように楽しめることを願っている。本当にありがとう。バルサ万歳!」と、締めくくった。

 36歳のプジョルは、1995年にバルセロナの下部組織に入団。1999年にトップチームに昇格し、2004年からは主将を務めた。バルセロナ一筋でプレーし、6度のリーグ制覇、3度のチャンピオンズリーグ制覇など、輝かしい成績を収めてきた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング