2014.05.08

優勝遠のくドローにレアル指揮官「厳しいが、まだ可能性はある」

アンチェロッティ
レアル・マドリードを率いるアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節延期分のバジャドリード戦後にコメントを残した。クラブ公式HPが伝えている。

 バジャドリード戦を1-1で終えたレアル・マドリードは、首位のアトレティコ・マドリードと勝ち点4差の3位。残り2試合となっているリーグ戦について、アンチェロッティ監督は「とても厳しいが、まだ数字上は(優勝の)可能性がある。戦い続け、今後の2試合で勝利しなければいけない」と述べた。

 また、バジャドリード戦については「70分間は試合をコントロールできた。だが、その後は押し込まれ、セットプレーから失点を許してしまった。フィジカル面に問題があるとは思っていない。ただ、チームにはメンタル面でのエネルギーが足りなかった」と分析していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る