2014.05.06

バルセロナ、セルタのルイス・エンリケ監督と交渉開始

バルセロナを指揮するヘラルド・マルティーノ監督 [写真]=Getty Images

 6シーズン振りとなる主要タイトル無冠の可能性が日増しに高まっているバルセロナが、注目を集めている来シーズンの指揮官人事に向けて具体的に動き始めたようだ。

 現在、来シーズン末まで2年契約を結んでいるヘラルド・マルティーノ監督の続投に疑問符が投げ掛けられているバルセロナ。本拠地カンプ・ノウでヘタフェとドローに終わった現地3日の試合後には、マルティーノ監督本人が自身の去就に関して、「2度目のチャンスを求めるには相応しくない者もいる」と今シーズン末での辞任を示唆するかのようなコメントを残している。

 一方、マルティーノ監督が退任した場合に備え、クラブOBを中心に複数の後任候補をリストアップしているバルセロナだが、スペインのメディアによると、アスレティック・ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督から断りを入れられたため、セルタのルイス・エンリケ監督に一本化したとのことだ。

 実際、現地5日にはアンドニ・スビサレッタスポーツ・ディレクターが、2日間のオフを過ごすためにバルセロナ市郊外の自宅に戻ったエンリケ監督を訪れ、初交渉を行ったことが明らかになっている。

 スペインのラジオ局『RAC1』によると、エンリケ監督は、現役時代の晩年はトップチームの主将を務め、2008-09シーズンから3年間はBチームを率いた古巣への復帰に前向きな姿勢を示しており、合意に自信を深めたバルセロナは、近日中にも2回目の交渉の席を設ける構えとのことだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る