2014.05.06

FIFAブラッター会長、人種差別に憤り「勝ち点の没収か降格が必要」

ゼップ・ブラッター
人種差別に怒りを露わにしたFIFAのゼップ・ブラッター会長 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)のゼップ・ブラッター会長は、スペインのリーガ・エスパニョーラで続く人種差別行為について、怒りを露わにしている。フランス紙『レキップ』が伝えている。


 ブラッター会長は、サッカー界にある人種差別に憤りを感じており、スタジアムの閉鎖より重い制裁が必要だとし、「クラブには勝ち点の没収か、もしくは降格の処分を科すべきだ」と語っている。

 またUEFA(欧州サッカー 連盟)の広報を務めるペドロ・ピント氏も、自身のツイッターで声明を発表した。

「UEFAと同会長のミシェル・プラティニ氏は、最近スペインで起こった事例を含んだ、いかなる人種差別行為を強く非難します。UEFAは全ての試合において、いかなる差別行為に対し厳格なルールがあり、厳重な制裁を行います。我々の権限外の場合、関係機関による適切な措置を支援します」

 4日に行われた、リーガ・エスパニョーラ第36節のレバンテとアトレティコ・マドリードの対戦で、レバンテに所属するセネガル代表MFパパ・コウリ・ディオプがアトレティコサポーターから人種差別行為を受けて、サルダンスで対抗。また4月27日に行われた第35節のビジャレアルとバルセロナの対戦で、バルセロナに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが、ビジャレアルサポーターからバナナを投げ込まれるも、それを口にして人種差別に対抗し話題になっていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング