2014.05.02

3強に続く上位陣は、来季のヨーロッパでの戦いに向けた最終局面へ

現在リーグ戦5位のセビージャ [写真]=Getty Images

 セビージャとの直接対決での白星により、3強に次ぐ座を守り切ったアスレティック・ビルバオは、今節ラージョ・バジェカーノに勝利すれば4位が確定する。次節はホームに戻ってのレアル・ソシエダとの“バスク・ダービー”が控えているだけに、チャンピオンズリーグ出場権獲得という手土産を持って帰りたいところだ。とはいえ、前節もアウェーでグラナダに快勝(3ー0)したラージョ・バジェカーノは、最近10試合で7勝2分1敗と絶好調。チームはその間に19位から9位へと急上昇し、一気に1部残留を決めた。アスレティック・ビルバオの手堅さとラージョ・バジェカーノの勢いのどちらが上回るか、興味深い試合と言えるだろう。

 一方、ヨーロッパリーグ出場圏内3チームによる争いは現在、5位セビージャを、6位レアル・ソシエダが2ポイント差、7位ビジャレアルが7ポイント差で追う展開となっている。ELへの出場は、5位チームがグループステージから、6位チームがプレーオフから、7位チームが予選3回戦からと、1つの順位の差が来シーズンの始動時期を大きく左右する。それゆえ、今節のセビージャとビジャレアルによる直接対決は、単なる1試合以上の重要性を持つ一戦となるだけに、白熱した争いが見られそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る