2014.04.24

移籍市場で活動禁止のバルサ、今夏の補強可能に…異議認められ処分保留

バルセロナ
バルセロナは今夏の選手獲得・放出が可能に [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は23日、バルセロナに対する移籍市場における活動禁止処分を、一時的に保留すると発表した。

 バルセロナは18歳未満の選手を獲得した際、規定違反があり、FIFAは2度の移籍市場における活動禁止処分を言い渡していた。バルセロナは決定に対し、異議を申し立てたが、FIFAの上訴委員会はこれを認めた。

 FIFAは、欧州主要リーグの移籍市場がオープンする2014年7月1日までに、結論を出すことが困難と判断したと発表している。このため、少なくとも今夏の移籍市場での活動は可能となった。

 2009年から2013年までに登録された選手を対象とした調査において、バルセロナは18歳以下の選手の移籍に関してルール違反を犯したと見られ、2度の移籍市場での活動禁止と45万スイスフラン(約5300万円)の罰金が科されていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る