2014.03.30

大勝で連敗脱出のレアル指揮官「チームの力を取り戻す時」

アンチェロッティ
ラージョ戦を振り返ったレアルのアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第31節が29日に行われ、レアル・マドリードとラージョ・バジェカーノが対戦。レアル・マドリードが5-0で大勝し、連敗を2で止めて、勝ち点を73に伸ばした。

 試合後、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「もちろん、この勝利には価値がある。2連敗の後、チームは良いリアクションを見せた。すばらしい試合をしたし、ピッチの中で良い姿勢を見せた。この勝利は、次の試合に向けて良い準備をすることにつながる。この2試合、自分たちにはミスがあった。今日は良いプレーをしたし、カウンターをうまく使った。守備の4人もすばらしかった」と、コメントした。

 そして、「戦い続けないといけない。全員にとって、シーズンの大事な時だ。2連敗の後、チームの力を取り戻す時に来ていると思っている。チームのフィジカルコンディションは良い。今日の試合ではしっかりとリアクションをしたし、プラスに考えて、前を見て戦っていく。残りの試合、全てに勝てば、少なくともチャンピオンズリーグとコパ・デル・レイのタイトルを取ることができる。自分たちのことだけに集中することと、ポジティブでいることが大事だ」と、今後を見据えた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る