FOLLOW US

連敗で3位転落のレアル監督「優勝できると信じなければならない」

レアル・マドリードを率いるアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第30節のセビージャ戦で、1-2の逆転負けを喫した。

 前節のバルセロナ戦に続く敗戦を受け、カルロ・アンチェロッティ監督は、「この敗北が相応しいものだとは思わない」とクラブ公式HPでコメント。敵地での一戦について、「試合に向けていい準備ができなかったから一部納得するところもあるが、だからこそ2ゴールを取られた」と振り返った。

 今シーズン初の連敗となったが、「より規模の小さい相手に負けた。リーガは難しいんだ。非常に強いチームがいて、すべての試合が難しい。我々自身のことを考えるべきだね」と語った。3位に転落したが、「優勝できると信じなければならない。我々は他のチームの後に続いているが、逆転が可能だと信じなければならない」と、終盤に向けて巻き返しを誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO