FOLLOW US

S・ラモス、クラシコでの退場処分に怒り「二度と裁いてほしくない」

ネイマールを倒し、退場処分となったセルヒオ・ラモス(右) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第29節で、レアル・マドリードバルセロナが対戦。両チーム合わせて7ゴールが生まれた試合は、リオネル・メッシのハットトリックなどで、バルセロナが4-3で制した。

 同試合ではレアル・マドリードが3-2のリードで迎えた63分、レアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ネイマールをペナルティエリア内で倒したとして、一発退場となり、PKを献上。同点とされ、その後逆転を許した。

 スペイン紙『マルカ』はS・ラモスの試合後のコメントを伝えた。S・ラモスは「二度とウンディアーノに僕達の試合を裁いてほしくないね。こんなようなことがカンプ・ノウでもここ(サンチャゴ・ベルナベウ)でも起きた。ネイマールに触ってなんかいない」と発言。10月にバルセロナのホームで行われたクラシコでも主審を務めたウンディアーノ氏を非難すると、PKと退場処分が不当であると主張した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO