FOLLOW US

レアル・マドリード、サポーターが望む“クラシコ”のスタメンは?

レアル・マドリードの強力な前線ユニット“BBCトリオ” [写真]=Real Madrid via Getty Images

 本拠地サンティアゴ・ベルナベウにバルセロナを迎えての伝統の一戦“クラシコ”に臨むレアル・マドリード。好不調の波の大きさから様々なスタメン予想が飛び交う宿敵とは異なり、公式戦31戦無敗と磐石の強さを誇るチームは、不動の陣容がサポーターからも強い支持を得られているようだ。

 レアル・マドリード寄りのスペイン紙『アス』が、「貴方ならバルセロナ戦にはどのような11人を並べるか?」とのアンケートを行ったところ、19日の時点で約2万5000人からの回答が集まり、その結果は最近のリーガ・エスパニョーラにおけるスタメンと殆ど一致した。

 まずスリートップでは、クリスティアーノ・ロナウドギャレス・ベイルカリム・ベンゼマの順に支持を集めたが、この“BBCトリオ”はいずれの選手も満票に近い数字を獲得。勝負強さを見せてきたヘセ・ロドリゲスが負傷により離脱したこともあり、当然とも言える結果となった。

 次に中盤の3枚では、シャビ・アロンソとルカ・モドリッチが揃って95%の支持を受けた。そして残りの1人には、70%の支持を得たアンヘル・ディ・マリアが30%の支持にとどまったイスコを抑えて選ばれ、好調時にはメンバーはいじらないという意向が反映された。

 DFラインに目を移すと、アルバロ・アルベロアの負傷により選択肢が少なくなったサイドバックでは、96%の支持を得たマルセロと91%の支持を得たダニエル・カルバハルが、6%にとどまったファビオ・コエントランに大差を付けた。また、センターバックでは、94%の支持を受けたセルヒオ・ラモスが軸となり、そのパートナーには69%の支持を得たペペが40%のラファエル・ヴァランを抑えて選ばれた。

 一方、普段通りのメンバーとならなかった唯一の例外がゴールマウスで、リーガ・エスパニョーラの試合でレギュラーを務めているディエゴ・ロペスが29%の支持に終わる反面、チャンピオンズリーグおよびコパ・デル・レイの出場にとどまっているイケル・カシージャスが69%の支持を集めた。この結果から伺えるのは、レアル・マドリードのサポーターの、生え抜きとしてチームを支えてきた主将への根強いこだわりだろう。

ラ・リーガ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA