FOLLOW US

レアル撃破を誓うバルサ指揮官「リーグ戦挽回のラストチャンス」

クラシコに臨むバルサのマルティーノ監督がコメント [写真]=Getty Images

 23日に行われるリーガ・エスパニョーラ第29節で、レアル・マドリードとバルセロナが対戦する。

 リーグ戦28試合を終えて勝ち点66、首位レアル・マドリードと勝ち点差4で直接対決に臨む3位バルセロナ。敵地での“クラシコ”を前に、ヘラルド・マルティーノ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マルティーノ監督は、勝ち点差4で迎える一戦について、「おそらく、リーグ戦を挽回するにあたって、ラストチャンスになるかもしれない」と、コメント。「今週の日曜日が終われば、残っているのは9試合だ。その中で勝ち点1を詰めるのと勝ち点4や7を詰めるのは異なる。勝ち点7を詰めるのも、4を詰めるのも、非常に難しい。我々に力がないからではない。単に、残されている勝ち点数が少ないからだ。ここまで終盤になって、相手もそう簡単にはミスを犯すことはない」と、直接対決を制して勝ち点差を縮めなければ、優勝は難しいとの見解を示した。

 そして、試合を展望して、「試合の鍵は、良いプレーをして、ポゼッションを手にすること。そして、我々のプレーを主張することと、相手からのカウンターを避けること、(ギャレス)ベイルやクリスティアーノ(ロナウド)との一対一を避けることだ」と、話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA