2014.03.15

マラガ戦に臨むレアル指揮官「全ての試合が大事。同じ価値がある」

アンチェロッティ
マラガ戦に臨むレアルのアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 15日に行われるリーガ・エスパニョーラ第28節で、マラガとレアル・マドリードが対戦する。

 リーグ戦27試合を終えて勝ち点67を挙げ、首位を走るレアル・マドリード。17試合負けなしで迎える敵地での一戦を前に、カルロ・アンチェロッティ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 レアル・マドリードは、マラガ戦の後、18日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのシャルケ戦、さらに23日には第29節のバルセロナ戦を控えている。アンチェロッティ監督は、「私は選手たちのプロ意識、真剣さをとても信頼している。明日は次の日曜日(バルセロナ戦)のように重要な試合である」と、コメント。「シーズンのこの時期は、全ての試合が大事で、同じ価値がある。チームは非常によく練習して、集中している。プレーでの激しさや集中力を持たなければいけない」

 そして、「我々は(第27節)レバンテ戦と同じ姿勢、激しさでプレーするつもりだ。なぜなら選手たちは、リーガ(の優勝の行方)が最後の試合で決定されることを自覚している。マラガ戦は重要な試合である。より向上する自信を持つチーム相手に対して、我々は非常にすばらしい準備をしなければいけない」と、試合を展望した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る