2014.03.09

レバンテ戦に臨むレアル、指揮官が展望「大事な時期を迎えている」

アンチェロッティ
アンチェロッティ監督がレバンテ戦を前にコメントした [写真]=Getty Images

 9日に行われるリーガ・エスパニョーラ第27節で、レアル・マドリードとレバンテが対戦する。

 ホームでの一戦を前に、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、レバンテの印象について、「レバンテは、最近の試合で良いプレーをしている。とても強いチームだ」と、コメント。「辛抱強くプレーしなければならない。彼らの守備システムに対して戦うのは、簡単ではないからね。我々はしっかりと準備をして、激しさと勇気を持って良い試合をしなければならない」と、展望を語った。

 そして、チームの現状について、「落ち着いた雰囲気があって、選手たちは大きな希望を持って集中している。全ての試合がとても重要だということをよく理解していて、目の前の試合のことだけを考えているんだ。ここまで、チームはとてもよくやっている。大事な時期を迎えている。全体的な雰囲気は落ち着いていて、モチベーションを高めている」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る