FOLLOW US

バルセロナ一筋19年、主将のDFプジョルが今季限りでの退団発表

今季限りでの退団が決まったプジョル [写真]=VI-Images via Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表DFカルラス・プジョルが、今シーズン限りでクラブを退団すると発表した。

 プジョルは4日、会見を開き、2016年まで結んでいた契約を解除し、今シーズン限りでチームを離れることで合意したことを明らかにした。

 4月で36歳となるプジョルは、1995年にバルセロナの下部組織に入団。1999年にトップチームに昇格し、2004年からは主将に就任。これまでバルセロナ一筋でプレーし、6度のリーグ制覇、3度のチャンピオンズリーグ制覇など、輝かしい成績を収めてきた。スペイン代表としても、ユーロ2008や南アフリカ・ワールドカップ制覇を果たしている。一方で近年は度重なる負傷に悩まされ、今シーズンはリーグ戦5試合の出場にとどまっていた。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA