2014.03.03

アトレティコとドローのレアル監督「彼らは暴力的な試合を強いた」

アンチェロッティ
アンチェロッティ監督がアトレティコ戦を振り返った [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第26節が2日に行われ、アトレティコ・マドリードとレアル・マドリードが対戦。2-2の引き分けに終わった。

 レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「負けていた試合で同点に追いついた。リアクションはすばらしかったね。アトレティコは良いチームで、(相手の)ホームでの試合だったから、我々はおおむね満足できている」と、コメント。先制しながらも逆転を許した前半の内容を振り返って、「(カリム)ベンゼマのゴールの後、簡単にボールを失っていた。ボールをポゼッションできず、アトレティコが試合をひっくり返したんだ」と、話した。

 そして、「難しい試合だった。自分たちの試合をやろうとしたが、簡単ではなかった。試合終盤は非常にすばらしかったし、我々がプレーをし始めた時には、多くのチャンスがあった。彼らは暴力的な試合を強いてきた。それは、我々のプレーのクオリティのものではない。我々は自分たちのプレーをすることを目指して、最終的にそれを成し遂げた」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る