2014.02.18

ビジャレアルの元スペイン代表MFファリノスが引退表明

ファリノス
2011年、レバンテ所属時代のファリノス [写真]=Getty Images

 かつてはバレンシアの中心選手として活躍し、インテルでもプレーした経験を持つビジャレアルの元スペイン代表MFフランシスコ・ファリノスが、現役生活に幕を閉じることを表明した。

 キャリアを通じて故障に悩ませ続けられながらも、近年はエルクレスとビジャレアルでチームの1部昇格に貢献したファリノス。しかし、昨シーズン終盤に負傷した右足アキレス腱のリハビリが思うように進まなかったため、35歳という年齢を考慮して現役引退を決断した。

 クラブの公式サイトを通じてサポーターへの感謝の意を述べたファリノスは、引退に際しての心境を説明した。

「非常に難しい決断だったが、フィジカル面が一向に万全な状態にならなかったので、ここを潮時とすべきだと考えた。このクラブで1部昇格を果たせたことは、一生の思い出として心に残り続けるだろう」

 一方、ファリノスの突然の引退表明にはチームメイトも驚きを隠せないようで、DFマテオ・ムサッキオは、「自分が知る中で最もプロフェッショナルな選手」と称するベテランMFとの別れを深く嘆いた。

「ファリノスの引退は本当に悲しい。驚かされたし、全く想像していなかった。彼は日々フットボールに愛情を注ぎ続け、再びピッチに戻るという意欲をもって努力を重ねていた。彼はキャプテンではなかったが、グラウンドに最初に現れて最後に去る練習の姿など、チームメイト全員にとってお手本だった。彼の人間性や経験、実績に誰もが助けられていた。それだけに、彼がいなくなってしまうのはチームにとって大きな損失だ。残された僕達は、彼から教えてもらった事を決して忘れてはならない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る