2014.02.13

国王杯決勝で激突のレアルとバルサ、過去6回の対戦成績は五分

昨季は準決勝で対戦し、レアルがバルサを破って決勝進出を決めた [写真]=Getty Images

 コパ・デル・レイ準決勝セカンドレグが11日と12日に行われ、レアル・マドリードとバルセロナが決勝進出を決めた。過去の決勝での成績や、優勝回数を両クラブの公式HPが伝えている。

 コパ・デル・レイ決勝が“クラシコ”となるのは、今大会で7回目。過去の対戦成績は、レアル・マドリード、バルセロナがともに3勝ずつで、五分となっている。前回の決勝での対戦は2010-2011シーズンで、レアル・マドリードが1-0でバルセロナを破り、大会制覇を果たした。

 レアル・マドリードは今大会の全8試合で、失点を喫していない。昨シーズンの決勝、アトレティコ・マドリード戦で99分に許した失点以降、無失点を継続。無失点時間を742分として、同大会の記録を更新した。決勝進出は39回目で、3シーズンぶり19回目の優勝を目指す。

 対するバルセロナは、最近4シーズンで3回目の決勝進出。前回の優勝は2011-2012シーズンで、決勝ではアスレティック・ビルバオを3-0で破った。37回目となる決勝で、27回目の大会制覇を目指す。

 コパ・デル・レイの決勝は、4月19日に開催される。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る