2014.02.10

モウリーニョがバルサの監督就任を確信した“幻のプレゼン案”とは?

モウリーニョ
07年秋にモウリーニョはバルサから監督就任を打診されていた [写真]=Getty Images

 現在、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョは、バルセロナから監督就任の打診を受けていたという。2月7日に発売された書籍『知られざるペップ・グアルディオラ』の中で、その経緯が詳細に描かれている。

 本書によると、フランク・ライカールトが指揮を執るチームが迷走し始めた2007年秋、バルセロナは後任をリストアップ。マヌエル・ペジェグリーニ、アーセン・ヴェンゲル、ミカエル・ラウドルップなどを検討する中、モウリーニョとは実際にポルトガルで交渉の場を設けたとのこと。副会長と当時スポーツディレクターを務めていたチキ・ベキリスタインを前に、モウリーニョはバルセロナの“改革案”をプレゼンして、自分のスタッフ候補にはグアルディオラの名前も挙げてきたという。この会談で「手応えを感じたモウリーニョは、ペップ・グアルディオラを差し置いて、自分が監督に選ばれるだとろうと確信するまでになっていた」ようだ。

 しかし、バルセロナは最終的にライカールトの後任にグアルディオラを選択。書籍『知られざるペップ・グアルディオラ』の中では、バルサがなぜモウリーニョを選ばなかったのか、そしてなぜBチームの監督を務めていたグアルディオラを“昇格”させたのかについても詳細に描かれている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る