2014.02.03

レアル指揮官、C・ロナウドへのレッドカードは「少し過剰な判定」

アンチェロッティ
レッドカードを受けて退場するC・ロナウド(中央)とアンチェロッティ監督(左) [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第22節が2日に行われ、アスレティック・ビルバオとレアル・マドリードが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「我々はとても良い試合をした。激しさはハイレベルで、相手にほとんどチャンスを与えることがなかった。特に後半の我々はとても良かった。我々は先制点を挙げて、試合を支配していたから、違った結果になることもあり得た。アスレティックはファンタスティックなゴールで引き分けたが、全体としては、我々は試合に満足している」と、コメント。「ヘセ(ロドリゲス)のゴールの後、我々は試合をよくコントロールして、苦しむことが無かった。チームのバランスは良かったが、イバイ(ゴメス)のシュート(同点ゴール)はファンタスティックだった。あれは我々がミスを犯したのではなく、すごいゴールだったということ。事実上、私たちは相手にチャンスを与えなかった」と、試合を振り返った。

 また、74分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが一発退場となった判定については、「私は近くにいなかったから判断が難しいが、映像を見れば、少し過剰な判定だとわかる」と、話した。クリスティアーノ・ロナウドは、相手選手のハンドとPKを主張した後、小競り合いの中で、手を相手選手の顔面に当てたことでレッドカードを提示された。

 レアル・マドリードは勝ち点を54に伸ばし、2位バルセロナと並んで3位となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る