2014.01.19

バルサ指揮官がリーガ後半戦を展望「状況は互角のまま」

マルティーノ
レバンテ戦に臨むバルセロナのマルティーノ監督 [写真]=Getty Images

 19日に行われるリーガ・エスパニョーラ第20節で、レバンテとバルセロナが対戦する。

 敵地での一戦を前に、バルセロナのヘラルド・マルティーノ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 バルセロナは開幕戦でレバンテと対戦し、7-0で勝利を収めているが、マルティーノ監督は、「あの試合は普通ではなかったと思う。レバンテは強固で、カウンターアタックがスピーディーで、守備もうまい。彼らにあそこまでゴールを決めた試合はなかった。当然、あのような試合は期待していない」と、コメント。招集メンバーから外れたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタについては、「ほぼ通常通り、練習に参加している。 もし、この試合が決勝だったら、彼はプレーしていたかもしれない。もう少し練習を積んだほうがいいのではないか、と考えた」と、語った。

 そして、2位アトレティコ・マドリードと同じ勝ち点50で終えたリーグ前半戦を踏まえて、「相変わらず、状況は互角のままだ。おそらく我々は、勝ち点100を手にすれば良し、というリーグにはいないのだろう。大会でのリズムを失わないようにしている」と、後半戦を展望した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る