2014.01.16

不振ベティスに加入のバティストン「救世主ではないが、残留を確信」

 12日にホームで行われたオサスナ戦に1‐2で敗れ、12試合白星から遠ざかっているベティス。前半戦を終えて19試合でわずか11ポイントの最下位と、1942-43シーズン以来71年振りとなる酷い成績に低迷するチームにあって、不振脱出の起爆剤として期待されているのが、冬の移籍市場でアトレティコ・マドリードからのローンで加入したブラジル人FWレオ・バティストンだろう。

 オサスナ戦で早速スタメン出場したバティストンは、自身に掛かる過度なプレッシャーを嫌いながらも、チームの1部残留に強い意気込みを示した。

「僕は救世主ではない。だが、チームが今の状況から抜け出せると思っている。確かにオサスナ戦の結果には失望したけれども、今は週末のレアル・マドリード戦の勝利に向けて団結している。僕達は残留が果たせると確信しているし、決してあきらめたりはしない」

 昨年夏にラージョ・バジェカーノからアトレティコ・マドリードに加入したものの、絶対的レギュラーのFWジエゴ・コスタおよびFWダビド・ビジャ、スーパーサブのFWアドリアン・ロペスの存在により殆ど出場機会を得られなかったバティストン。わずか半年で環境を変えたのは正しい決断だったとの見解を示した。

「ベティスへの移籍は賢明な判断だったと思っている。なぜなら、このチームは僕に多くの物をもたらしてくれるからだ。実際、オサスナ戦ではやりやすいポジションでプレーさせてくれた」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る