2014.01.12

首位攻防戦でドローのバルサ指揮官「選手を責める理由はない」

マルティーノ
アトレティコ戦を振り返ったマルティーノ監督 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第19節が11日に行われ、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦。勝ち点49で並ぶ両者の首位攻防戦は、0-0のスコアレスドローに終わった。

 バルセロナのヘラルド・マルティーノ監督が、試合を振り返ってコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 マルティーノ監督は、「試合に勝ちたかったが、選手を責める理由は何もない。(リーグ)前半を勝ち点50で終えるのは悪くない。この試合が、我々をますます強くする気がしている」と、コメント。「カウンターを許さなかったし、我々が(試合を)コントロールしたことで、ボールを奪い返して、相手チームの鍵になった選手にプレスをかけることができた。集中力も完璧だった」と、試合を振り返った。

 ベンチスタートで後半開始から出場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについては、「先日、30分間プレーして、今日は45分間プレーした。もっと短い時間のプレーにしたかったが、(アンドレス)イニエスタの負傷が、当初の予定を変えることになった。アトレティコ・マドリードのディフェンシブなプレースタイルを上回るのは難しい。それは彼にとっても同じだ」と、話した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る