2014.01.05

新年初戦を迎えるリーガ…バルサはエルチェ、レアルはセルタと対戦

 2014年の初戦となる今節、首位バルセロナはホームに14位エルチェを迎える。今回、MFセルヒオ・ブスケツが出場停止となるバルセロナだが、逆に前節ヘタフェ戦を累積警告により欠場したFWネイマールが復帰を果たす。そして、故障から回復したGKバルデスは、1カ月半ぶりの待望の復帰が見込まれている。

 一方、チームはFWメッシを引き続き欠くものの、大逆転勝利(5-2)を挙げたヘタフェ戦では、FWペドロがハットトリック、MFセスクが2ゴールを決めるなど、好調ぶりを発揮した。スタメン争いが激化している前線の陣容がどのような顔触れとなるのかが、注目ポイントになりそうだ。

 対するエルチェは、前節はホームでマラガに黒星(0-1)を喫し、リーグ戦3連敗。今回はまさに仕切り直しの一戦となる。とはいえ、GKマヌ・エレーラが故障、DFダミアン・スアーレスとFWコロが出場停止と、レギュラー3選手を欠く布陣は苦しいと言わざるを得ない。しかし、堅守速攻を最大の武器とするエルチェにとって、バルセロナに主導権を握られる展開はそれほど辛くはない。どのチームと戦っても好勝負ができる持ち味を生かして接戦に持ち込み、4試合ぶりの勝ち点獲得を目指したい。

 上位と下位の対戦となるこの試合だが、昨シーズンの1部と2位の優勝チーム同士の顔合わせという側面も併せ持つ。1部王者に返り咲いたバルセロナに2部を圧倒的な力で制したエルチェがどこまで食い下がれるかが、興味深い戦いが見られそうだ。

 一方、前節はアウェーでバレンシアを何とかねじ伏せ(3-2)、良い形で2013年を締めくくった3位レアル・マドリードは、ホームで15位セルタと対戦する。公式戦としては今回が年明け初戦となるレアル・マドリードだが、2日にはパリSGとの親善試合に勝利(1-0)しており、既にウォーミングアップは完了している。とはいえ、故障者を除くほぼ全選手がプレーしたパリSG戦に帯同しなかったMFベイルは、今回も出場が危ぶまれている。

 スター選手ばかりに注目が集まるチームだが、ここに来て大きな話題をさらっているのが、バレンシア戦では決勝弾、パリSG戦ではチーム唯一の得点を叩きだしたFWヘセだ。リーグ戦での先発はまだ一度も無いヘセだが、勢いに乗る期待の若手ストライカーの存在はチームにとって非常に心強い。圧倒的優位が予想される今回だが、接戦に持ち込まれてしまった場合には、抜群の勝負強さが大きな武器となるに違いない。

 これに対し、前節はホームでオサスナとドロー(1-1)に終わったセルタだが、今節は勝ち点1でも十分な戦果となる。また、現役時代はスペイン2大クラブでプレーしたルイス・エンリケ監督にとって、レアル・マドリード戦は古巣との対戦となるが、最も愛着を寄せるバルセロナへの援護射撃の色合いの方が強いだろう。バルセロナからのローンでプレーするMFラフィーニャにとっても、今回の試合は最高のアピールの場となる。DFフォンタスは欠場となるものの、FWノリートも含めたバルセロナ経験組の奮闘に期待したい。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る