FOLLOW US

ニューカッスル、47年ぶりのリーグ杯決勝進出! 前半の2ゴールでサウサンプトン撃破

2023.02.01

ニューカッスルが47年ぶりのリーグ杯決勝戦進出! [写真]=Getty Images

 カラバオ・カップ(EFLリーグカップ)準決勝のセカンドレグが1月31日に行われ、ニューカッスルサウサンプトンが対戦した。

 24日にサウサンプトンのホームで行われたファーストレグではジョエリントンが決勝ゴールを挙げ、ニューカッスルが1-0で先勝していた。決勝進出に大きく近づいた中で迎えたホームでの一戦。ニューカッスルはファーストレグと同じ11名を先発にチョイスし、キーラン・トリッピアーミゲル・アルミロンブルーノ・ギマランイスらの主力が並んだ。一方、逆転での決勝戦進出を目指すサウサンプトンは、ジェームズ・ウォード・プラウズチェ・アダムスらがスタメンに入っている。

 試合は立ち上がりの早い時間帯に動く。5分、高い位置でのボール奪取から右サイドへボールを繋ぐと、駆け上がったトリッピアーが中央へと切り込んで近くの味方を使う。ボールを受けたシーン・ロングスタッフが右足を振り抜き、狙い澄ましたシュートでゴールネットを揺らした。ニューカッスルが先手を取っている。

 その後もニューカッスルがチャンスを作り続ける展開となると、21分には決定的な追加点を記録。左サイドからジョー・ウィロックが仕掛け、縦のスペースへ繋ぐと、アルミロンがダイレクトでマイナスへ折り返す。最後は再びロングスタッフが押し込んだ。ニューカッスルが決勝進出を大きく手繰り寄せる、2戦合計3-0とするゴールを決めた。

 対するサウサンプトンは29分、敵陣で相手のバックパスを拾ったチェ・アダムスが迷わずに右足を振り抜く。強烈な一撃をファーサイドに突き刺し、サウサンプトンが1点を返してハーフタイムに突入した。

 後半に入ると試合は膠着したまま進んだものの、72分にはサウサンプトンに決定機が到来。斜めのランニングで背後からのスルーパスを引き出したアダム・アームストロングがGKと1対1のチャンスを迎えたものの、ここはGKニック・ポープが立ちはだかってゴールを許さない。

 82分には足裏を見せたファウルでB・ギマランイスにレッドカードが提示され、ニューカッスルは1人少ない状態での戦いを強いられるが、それでも失点は許さない。最終的にスコアはこれ以上動かず、試合はタイムアップ。この結果、ニューカッスルが1976年以来、47年ぶりのリーグ杯決勝戦進出を決めた。

 決勝戦は2月26日に予定されている。ニューカッスルはマンチェスター・Uvsノッティンガム・フォレストの勝者と対戦予定だ。

【スコア】
ニューカッスル 2-1 サウサンプトン

【得点者】
1-0 5分 シーン・ロングスタッフ(ニューカッスル
2-0 21分 シーン・ロングスタッフ(ニューカッスル
2-1 29分 チェ・アダムスサウサンプトン

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO