FOLLOW US

リヴァプールも“鬼門”突破ならず…FA杯の前回王者は3季連続で4回戦敗退

2023.01.30

FA杯では3年連続で前回王者が4回戦敗退 [写真]=Getty Images

 FAカップ4回戦が29日に行われ、リヴァプールブライトンに1-2で敗れた。この結果、3シーズン連続でFAカップの前回王者が4回戦で姿を消すこととなっている。

 ブライトンリヴァプールの一戦では、31分にエジプト代表FWモハメド・サラーのパスからU-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットがゴールネットを揺らし、リヴァプールが先手を取る。しかし、直後の39分にはガーナ代表DFタリク・ランプティのミドルシュートが元イングランド代表DFルイス・ダンクに当たってゴールに吸い込まれ、試合は振り出しに。後半に入ってもこのままスコアは動かず、再試合の可能性も頭をよぎり始めた後半アディショナルタイム、エクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャンのクロスボールに日本代表MF三笘薫が反応。見事なファーストタッチからキックフェイントで対峙する相手をかわし、そのままボレーシュートを叩き込んだ。このまま試合はタイムアップを迎え、ブライトンが5回戦進出を決めている。

 敗れたリヴァプールは4回戦敗退が決定。2021-22シーズンの決勝戦でチェルシーとのPK戦を制し、16シーズンぶり8回目の優勝を決めていたリヴァプールが早くも姿を消すことが決まった。

 だが、直近数シーズンのFAカップでは前回王者の成績が芳しくない。2019-20シーズンにFAカップを制し、ミケル・アルテタ監督体制となってから初のタイトルを獲得したアーセナルは、翌2020-21シーズンのFAカップでは4回戦でサウサンプトン相手に0-1と敗北を喫した。このシーズンは最終的にレスターがクラブ史上初のFAカップを制したが、大会覇者として臨んだ2021-22シーズンは4回戦で当時2部だったノッティンガム・フォレストに1-4と大敗。そして、このシーズン最終的にトロフィーを掲げたリヴァプールも、今季はブライトン相手に4回戦で涙を飲むこととなっている。

 3シーズン連続で前回王者が4回戦で姿を消しているFAカップ。果たして、この後今季の大会を制するクラブは、来シーズンに“鬼門”の4回戦を突破できるだろうか。まだ先の話となってしまうが、来季のFAカップは“ジンクス”に注目しても面白いかもしれない。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO