FOLLOW US

ケイン、トッテナムでの公式戦通算得点数が「266」に到達…クラブ歴代最多タイの記録に

ケインがクラブの通算得点記録で最多タイに並ぶ [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属しているイングランド代表FWハリー・ケインが、クラブの歴代公式戦通算得点数で1位タイに浮上した。

 23日に行われたプレミアリーグ第21節でトッテナムは敵地でフルアムと対戦した。試合はスコアレスのまま時間が経過すると、前半アディショナルタイムにケインが均衡を破る。ゴール前で韓国代表FWソン・フンミンからの縦パスを引き出すと、ゴールに背中を向けながらも反転から右足を振り抜いた。狙い澄ました一撃はゴール右隅に吸い込まれ、トッテナムが先制に成功。最終的にはこのゴールが決勝点となり、トッテナムはプレミアリーグで3試合ぶりの白星を手にした。トッテナムと比較して消化試合数が1試合少ない4位マンチェスター・Uとの勝ち点差を「3」としている。

 このゴールで、ケインが“スパーズ”で決めた公式戦通算得点数が「266」に到達。1960年代にトッテナムで活躍した元イングランド代表FWジミー・グリーブス氏が保持していたクラブの歴代最多得点数に並ぶこととなった。次節にも同記録の更新が期待される。

 なお、ケインはフルアム戦のゴールで今季のプレミアリーグ得点数を「16」に伸ばしただけでなく、プレミアリーグ通算ゴール数を「199」とした。あと1点でプレミアリーグでの通算ゴール数が「200」に到達する。この記録はニューカッスルなどで活躍した元イングランド代表FWアラン・シアラー氏、マンチェスター・Uで“10番”を背負った元同代表FWウェイン・ルーニー氏の2名しか達成しておらず、まもなくケインもこの2名に肩を並べることとなりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO