FOLLOW US

ケイン、契約延長に前向き? トッテナムでトロフィーを掲げる願いは揺るがず

マンチェスター・Uからの関心が噂されている [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインは、新契約締結に前向きなようだ。23日、イギリスメディア『アスレティック』が報じた。

 1993年7月28日生まれのケインは、トッテナムの下部組織出身。これまで公式戦通算414試合に出場して265ゴールを挙げており、元イングランド代表FWジミー・グリーヴス氏が保持する同クラブの歴代最多得点記録「266」の更新が目前に迫っている。

 3度のプレミアリーグ得点王など数々の個人賞を手にしてきたが、チームタイトルとは無縁。現行契約は2024年6月30日までとなっており、契約残り1年となる今年夏にマンチェスター・Uなどが獲得に動くと噂されている。

 しかしながら、トッテナムでトロフィーを掲げるという願いは揺らいでいない模様。エースは現時点でスパーズ退団を考えておらず、今後数カ月の間にタイトルを獲得することに集中しているという。

 ケインとトッテナムの話し合いは1月の移籍市場が閉まった後に予定されており、「状況が整えば」、ケインは新契約を結ぶことに前向きだという。『アスレティック』は契約延長交渉について、トッテナムのシーズンがどのように終わるかだけでなく、チームの補強と将来性も重要な要因になると指摘している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO